TOPページ
  ・ お知らせ(blog)
ドクター紹介
  ・ ドクター紹介
  ・  設備紹介
  ・  診療時間
  ・ アクセス
  ・ Web予約 
  ・ お問合せ
診療案内
  ・ 本院治療方針
  ・ 予防歯科
  ・ 審美、矯正歯科
  ・ 小児歯科
  ・ 口腔外科
  ・ 歯周病科
  ・ インプラント科



 顎の痛みの原因はひとつではありません。
ムシ歯で痛むときもありますし、歯周病のこともありますし、顎関節症の場合もあります。
またそれらがすべて関係している場合もあります。
ですから、まずその診断は歯科医にしてもらう必要があります。
原因がムシ歯や歯周病の場合必要な歯科治療をしてもらいましょう。


 
顎関節症の治療を行っているのは、表の看板ではなかなかわからないものです。
総合病院あるいは大学病院で「歯科口腔外科」標榜しているところなら、
まず治療を行っていると思って間違えありません。

個人の開業医では「歯科口腔外科」と標榜してあっても、
顎関節症は扱っていないところもありますし、
逆に標榜してなくても扱ってるところもあります。

ですから、ひとつの手段としてはタウンページやインターネット等で
数件の歯科医院に目星をつけ、電話で直接聞くのがいいと思います。
またタウンページの広告欄やインターネットのHPを持っていて、
そこに「顎の治療」もしくは「顎の痛み相談」などと書かれていれば大丈夫でしょう。

  
 当院では正確な数はわかりませんが、だいたい1ヶ月に4〜5人程度の顎関節症を扱っています。
治療経過も人様々ですが、ケースとしては

@ 顎関節症の話をしただけで、安心して特に治療を必要としない方

A 簡易的な筋肉マッサージ法や顎の運動トレーニングを行う方

B 数歯のかみ合わせの調整を行う方

C 全体のかみ合わせの調整を行う方

D マウスピースを数ヶ月装着する方

E A〜Dを組み合わせて行う方

F 歯列矯正を行う方(めったにいません)

G 外科手術が必要な方(大学病院に紹介します)

H 他の病気から顎関節症症状を発症している方(他の科と対診します)

            ※顎関節症については整形外科でも扱っているところもあります。  
 このページのTOPへ

               本院治療方針│予防歯科│小児歯科│口腔外科│歯周病科│インプラント科│