TOPページ
  ・ お知らせ(blog)
ドクター紹介
  ・ ドクター紹介
  ・  設備紹介
  ・  診療時間
  ・ アクセス
  ・ Web予約 
  ・ お問合せ
診療案内
  ・ 本院治療方針
  ・ 予防歯科
  ・ 審美、矯正歯科
  ・ 小児歯科
  ・ 口腔外科
  ・ 歯周病科
  ・ インプラント科



 まずインプラントは誰にでも、どこにでも植え込めるわけではありません。
症例を厳密に診査する必要があります。そして歯科医の技術にも大きく左右されます。
そのため各インプラントのメーカーは専任の講師を使い、
キチンとしたトレーニングをするよう歯科医に呼びかけています。

ですから、そうしたキチンとしたプログラムの中でトレーニングされた歯科医を選んで、
インプラント治療を受けることがより安全かもしれません。



 インプラントを植え込んだ後の管理も重要です。(もしかするとこれが一番重要かもしれません)
インプラントは「第3の歯」と書きましたが、まさに「歯」なのです。
ですからブラッシング管理をちゃんとしなければ歯周病になります。
もちろん厳密な意味での歯周病ではありませんが、ほとんど同じ現象が起こります。

そうなるとインプラント自体がグラグラになり、骨から抜け落ちることさえあります。
自分の歯と同じように、いやもしかするとそれ以上に管理が必要かもしれません。

しかし逆に言えば、管理がキチンとできれば
あなたの人生を変えてしまうほど素晴らしい治療とも言えるわけです。

 

 

 

インプラントを植立したところです。

インプラントに歯をつけたところです。
当院ではドイツDegussa社の
アンキロスインプラントシステム
を採用しています。
歯根部はチタンを使っています。
 
 このページのTOPへ

               本院治療方針│予防歯科│小児歯科│口腔外科│歯周病科│インプラント科│