TOPページ
  ・ お知らせ(blog)
ドクター紹介
  ・ ドクター紹介
  ・  設備紹介
  ・  診療時間
  ・ アクセス
  ・ Web予約 
  ・ お問合せ
診療案内
  ・ 本院治療方針
  ・ 予防歯科
  ・ 審美、矯正歯科
  ・ 小児歯科
  ・ 口腔外科
  ・ 歯周病科
  ・ インプラント科



 最近よくインプラントという言葉を耳にするようになりました。
インプラントというのは歯を失ってしまったところに、新たに人工の歯根を植え込み、
健康な自分の歯と同じように咀嚼ができるような状態にする治療法です。



 
 インプラントが日本に紹介された当初は「夢の人工歯根」などともてはやされ、
最先端とばかりに一部の歯科医がこぞってイプラントを植え込みました。
ところがまだきちんと評価も技術も定まっていないうちにとびついた歯科医もいたものですから、
その後トラブルがあとを絶ちませんでした。

そんなこともあり、慎重派の歯科医師の間では「インプラントはまだ時期尚早だ」とか
「だいたいインプラント自体いい治療法ではない」などとささやかれ、
「インプラント肯定派、否定派」に分かれるはめになりました。

しかし最近ではインプラント治療もほとんど熟成し、
今は「否定派」といわれる歯科医もあまりいなくなってきました。
もちろん完全な治療というのはありえませんが、失敗や改善を繰り返し、
もはやインプラントは特殊なものではなく、一般的な治療といってもいいと思います。
 

 

 インプラントは「第3の歯」と呼ばれることがあります。
それは乳歯、永久歯そしてそれが無くなると次はインプラントということです。
インプラントは無くなった歯の代わりですから、ブリッジや入れ歯といった治療のように、
残っている歯に負担をかけることはありません。

また残っている歯が少なく、どうしても入れ歯やブリッジが必要な症例では、
入れ歯やブリッジをがっちり固定し長期間機能するように、することが可能です。

このように見ると、確かに「夢の人工歯根」です。
NEXT インプラント症例
 
 このページのTOPへ

               本院治療方針│予防歯科│小児歯科│口腔外科│歯周病科│インプラント科│