TOPページ
  ・ お知らせ(blog)
ドクター紹介
  ・ ドクター紹介
  ・  設備紹介
  ・  診療時間
  ・ アクセス
  ・ Web予約 
  ・ お問合せ
診療案内
  ・ 本院治療方針
  ・ 予防歯科
  ・ 審美、矯正歯科
  ・ 小児歯科
  ・ 口腔外科
  ・ 歯周病科
  ・ インプラント科



 歯周病というのは、主に歯槽膿漏や歯肉炎の事を言います。
これは歯の周りに付着した細菌によって、歯肉が炎症を起こしたり歯を支えてる骨が
とけてなくなって行く病気です。歯周病が進むと歯はグラグラしはじめ、さらに放っておけば
そのまま抜けてしまう事もあります。

また歯肉の腫れや強い痛みを伴うこともあり、進んでしまった歯周病は治療するのも、
とてもやっかいな病気です。


 
 「リンゴを食べると歯グキから血がでませんか?」

というキャッチフレーズのCMが流行った事がありますが、
この「歯グキから出血する」というのは、歯周病の初期症状の一つです。

つまり歯肉に炎症が起こると、その部位は毛細血管が広がり、出血しやすくなるのです。
また歯周病はサイレントデシィースと呼ばれ、その症状がある程度まで進むまではたいした痛みも
自覚症状もなく静かに進んで行きます。
ですから、歯周病の治療には早期発見、早期治療がとても重要になってくるのです。

最近では歯周病の研究が飛躍的に進み、今までは保存が不可能だった歯もずいぶん治せるように
なってきました。

 さて、あなたの歯肉は出血してませんか??
 
 このページのTOPへ

               本院治療方針│予防歯科│小児歯科│口腔外科│歯周病科│インプラント科│