TOPページ
  ・ お知らせ(blog)
ドクター紹介
  ・ ドクター紹介
  ・  設備紹介
  ・  診療時間
  ・ アクセス
  ・ Web予約 
  ・ お問合せ
診療案内
  ・ 本院治療方針
  ・ 予防歯科
  ・ 審美、矯正歯科
  ・ 小児歯科
  ・ 口腔外科
  ・ 歯周病科
  ・ インプラント科



 歯科口腔外科の中で最も多く行われる治療は抜歯です。
抜歯と言っても、乳歯のグラグラの歯の抜歯から歯肉の中に埋まっている親知らずまで様々です。
また抜歯はれっきとした手術ですから、全身的な病気を持った方の管理や、麻酔や薬剤の知識、また緊急時の対応等も必要です。

さて抜歯の中でもやっかいなのが、埋まっていて完全に出ていない親知らずです。
これはそのまま抜くことはできないので、歯を分割したり骨を少し削ったりして取り出します。
ですからそういう親知らずの場合「大学病院に行って下さい」と言われてしまう事もあります。

当院ではこのような抜歯も積極的に行なっていますので、一度ご相談下さい。
また口腔外科ではその他に、腫瘍や膿胞の摘出、顎の関節の治療、歯牙の移植等も行なっています。


 
「親知らずを抜いてひどい目にあった・・。」
これは我々が患者さんと話していると、よく聞く言葉です。
その“ひどい目”と言われてる内容の多くは

        1、抜くのに時間がかかった。
        2、抜いた後に痛んだ、腫れた、血が止まらなかった。
        3、麻酔がよく効いてないのにそのまま抜かれた。

といったところでしょうか。


 確かに誰でも好き好んで、歯を抜きたいという人はいません。
しかし親知らずを抜くのは次のような理由があるのです。

   1、親知らずが原因で起こる炎症のため、腫れや痛みが繰り返す。

   2、歯ブラシ等が極めて届きにくいため、虫歯になり易い。
     また隣接している歯もまた虫歯になり易くなる。

   3、かみ合わせを狂わせる可能性が大きい。

   4、親知らずの生える力で全体の歯並びを変えてしまう可能性が大きい。

   5、虫歯になった場合、完全な治療ができない。又は出来にくい。

こう考えると抜かなくてもよい親知らずというのは、極めて少ないと考えてよいと思います。


 では本当に親知らずを抜くのはそんなに地獄のような苦しみなのでしょうか?

確かに非常に抜歯の難しい親知らずはあります。
しかし多くの場合は、抜くだけの時間で言えば10分以内に抜けてしまいます。
また麻酔も完全に効いていることを確認すれば、抜いている最中に痛いという事はありません。
ただ、抜いた後のある程度の腫れや痛みは、薬によって押さえるしかないかもしれません。

 いつまでも抜くのが嫌だからといって、引き伸ばしてると、そのうちに本当に地獄のような苦しみが
襲って来るかもしれませんよ…。
 NEXT  顎の痛み
 このページのTOPへ

               本院治療方針│予防歯科│小児歯科│口腔外科│歯周病科│インプラント科│