TOPページ
  ・ お知らせ(blog)
ドクター紹介
  ・ ドクター紹介
  ・  設備紹介
  ・  診療時間
  ・ アクセス
  ・ Web予約 
  ・ お問合せ
診療案内
  ・ 本院治療方針
  ・ 予防歯科
  ・ 審美、矯正歯科
  ・ 小児歯科
  ・ 口腔外科
  ・ 歯周病科
  ・ インプラント科



 小児歯科と一般の歯科との最大の違いは、混合歯列期すなわち乳歯と永久歯を持つ時期が
あるということです。

乳歯はよく永久歯の前の練習などと言われることがありますが、決してそれだけではありません。 
乳歯を早い時期に失うことで、歯並びにも大きく影響してきますし、ひどい虫歯によって永久歯が完全な形で出来てこない事さえもあるのです。
これらのことから乳歯は生え変わり時期まで、きちんと残す事が重要です。


  小児は痛いのに「痛くないよ」と嘘をつくと、その後の治療も必ず痛くされると思い、なかなか思うように治療をさせてくれなくなります。また、無理に親と引き離す事で恐怖感のみに支配され、全く言う事を聞かなくなる子もいます。

このため当院では、基本的には保護者と一緒に診療室に入ってもらい、よく話しをした上で治療を行なうようにしています。また拘束着(暴れないように縛り付ける物)も一切使用をしておりません。


 
 このページのTOPへ

               本院治療方針│予防歯科│小児歯科│口腔外科│歯周病科│インプラント科│